白髪って本当に太いのか調べてみました!

白髪って、黒髪の中に1本あるだけですごく目立っちゃってイヤですね。

しかも、白髪って、なんだか太く感じます。

しっかりしているというか、元気があるというか・・・。

でも、実際はどうなんでしょうね。

本当に、白髪は黒髪より太いのでしょうか?

太いとしたら、なんで太くなってくるのでしょうか?

その辺りを調べて見たら、資生堂さんと北里大学医学部皮膚科の勝岡憲生教授さんの共同で、白髪について研究をした結果を公開しているものを見つけたので、今回は、この研究結果をもとに、白髪は黒髪より太いのか、の真相に迫ってみたいと思います。

白髪の研究結果

さっそく、資生堂さんと勝岡憲生教授の共同研究の結果(資生堂の白髪研究による最新知見について )を見ていきましょう。

下に記すのは、一部のみの抜粋です。

・白髪の直径は黒髪よりも太い(平均値比較)

・白髪の伸びる速度は黒髪よりも速い(平均値比較)

・成長期にある白髪の比率は、黒髪よりも高い(平均値比較)

・白髪の断面の形状は、黒髪よりも偏平な傾向にある

この結果を見ると、やはり、白髪は黒髪より太いようですね。

実際に太いわけではない

この研究結果だけを見ると、黒髪より白髪のほうが太いと結論づけられそうですね。

でも、「平均値比較」というところにミソがあります。

公表しているページでは、この箇条書きの下に説明文もついています。

説明文によると、黒髪には、通常より細い毛も含まれているということ、そして、成長速度が遅い毛も含まれているということです。

その一方で、白髪には、細い毛が少なく、成長速度が遅い毛もあまりないということ。

これらを平均すると、白髪のほうが太いということになりますね。

どうやら、黒髪には、平均値を下げる毛が含まれていて、白髪には平均値を下げる毛が含まれていないから、平均値を取ると、白髪のほうが太いという結果になるようです。

なので、白髪は、健康的な黒髪より太いのではなく、健康的な黒髪と太さの差はほとんどないといえそうです。

また、白髪の切断面がへん平ということについては、へん平だから太いとは言い切れないと考えています。

なぜなら、幅が広い面は確かに太く見えますが、幅が狭い面は細く見えるはずですね。

つまり、見る面によって太くも細くも見えるということ。

なので、一概に、白髪のほうが太いとはいえないのではないでしょうか?

おそらく、「白髪のほうが太い」という先入観があるため、白髪が太く見える部分だけ見えてしまい、「ほらね、太いでしょ」って思うのだと思います。

白髪のほうが太く感じるだけ

今回は、白髪は本当に太いのかを調べてみました。

結論としては、白髪が太いのではなく、黒髪に細い毛が混ざっているため、太く見える、または太く感じると結論づけたいと思います。

他のサイトでは、「白髪のほうが太い」と言っているケースも多くあります。

私の見解とは違うので、どちらを信じるかはお任せします。

ただ、どちらにしても、問題は、太いかどうかじゃなくて、「白髪をなんとかしたい」ですね。

やはり、白髪対策としては、染めるのが一番速い解決策だと思います。

そして、染めながら、生活習慣を見直すなどして、白髪改善を目指していきましょう。