マイナチュレカラートリートメントはパーマと併用できるの?調べてみました!

髪や頭皮にやさしく、白髪を染めながらおしゃれが楽しめるマイナチュレカラートリートメント。

そして、おしゃれを楽しむためや毎日のセットを楽にしたいなどの理由でかけるパーマ。

充実した毎日を送るために、パーマをかけながらマイナチュレカラートリートメントも使いたい方もいるでしょう。

でも、パーマ液とマイナチュレカラートリートメントの成分が化学反応を起こして・・・。

なんて、心配になりますね。

そこで、マイナチュレカラートリートメントとパーマは併用していいのか調べてみます。

マイナチュレカラートリートメントとパーマは同時には使えない

マイナチュレカラートリートメントとパーマは、同時に使うことはできません。

マイナチュレカラートリートメントの成分とパーマ液の相性が良くないからです。

マイナチュレカラートリートメントに配合されている成分は、髪の表面に色をつけながら、ダメージヘアを補修したり頭皮環境を整えたりします。

マイナチュレカラートリートメントしか使わなければ、配合された成分が正常に働くので、白髪を目立たなくしながらトリートメント効果も期待できるというわけです。

でも、正常に働くはずの成分に、パーマに使われる薬剤が加わってしまうと、両者の成分が化学反応を起こしてしまいます。

お互いの成分が化学反応を起こしてしまうと、マイナチュレカラートリートメントもパーマも本来の働きができなくなってしまいます。

そうなると、あなたが望む結果が得られなくなってしまうかもしれないのです。

なので、マイナチュレカラートリートメントとパーマを同時に使うことはおすすめしません。

希望の色にならないかもしれない

パーマをかけた直後にマイナチュレカラートリートメントで染めると、希望している色に染まらないかもしれません。

以前うちの旦那は、パーマが原因ではありませんが、別のカラートリートメントで染めているとき髪が緑になったりピンクになったことがあります。

マイナチュレカラートリートメントの染料とパーマ液が化学反応を起こして、想像していない色になる可能性は多いに考えられます。

なので、パーマとマイナチュレカラートリートメントを同時に使うのはおすすめできません。

パーマの持ちが悪くなるかもいしれない

マイナチュレカラートリートメントの染料は、髪の表面にとどまっています。

染料が残っている髪へパーマをかけても、染料がジャマをしてうまくパーマがかからないかもしれません。

たとえパーマがかかったとしても、パーマの持ちが悪くなる可能性があります。

なので、パーマとマイナチュレカラートリートメントを同時に使うことはおすすめできません。

マイナチュレカラートリートメントとパーマの併用はできる

ここまで、マイナチュレカラートリートメントとパーマを同時に使うことはおすすめしないとお話してきました。

でも、併用はできます。

マイナチュレカラートリートメントとパーマを同時に使うのではなく、少し間をおいて使えば、特に問題なく使えるのです。

そこで、マイナチュレカラートリートメントとパーマを併用するときの注意点についてお話しまし。

パーマが先でマイナチュレカラートリートメントは後

マイナチュレカラートリートメントとパーマを併用するときは、パーマを先にかけることをおすすめします。

パーマをかける場合、パーマをかける前も後もマイナチュレカラートリートメントを使わない方がいいです。

つまり、パーマをかける前後の間は白髪を染められないということになります。

でも、その間も髪は伸びるし、染めた色も少しずつ落ちていきますね。

そうなると、だんだん白髪が目立ってきちゃいます。

そこで、最短で白髪染めができる方法を考えると、パーマが先でマイナチュレカラートリートメントが後となるのです。

なぜなら、パーマをかける前はしっかり時間をあけて染料を落とし、パーマをかけた後はパーマ液が落ちつけばすぐに染めても大丈夫だからです。

マイナチュレカラートリートメントとパーマを併用するときは、パーマが先でマイナチュレカラートリートメントが後、って覚えておきましょう。

併用する前は2週間以上あける

マイナチュレカラートリートメントを使っていて、途中でパーマをかける場合、パーマをかける前に2週間以上あけるほうがいいです。

公式サイトでは、「パーマをかける前後1週間程度控える」ことを推奨していますが、マイナチュレカラートリートメントを使っている頻度によって、髪に残っている成分の量やダメージが違います。

2〜3週間に1回程度使っている方なら1週間程度あけるだけでもいいかもしれませんが、1週間に1回以上使っている方は、パーマをかける前に2週間以上あける方がいいでしょう。

パーマをかけた後は1週間程度あける

2週間以上マイナチュレカラートリートメントを使っていない状態でパーマをかけると、せっかくパーマをかけてきれいになっても白髪が目立ち始めているかもしれませんね。

なので、すぐにでも白髪染めをしたいと思うでしょう。

でもちょっと待ってください。

パーマをかけたばかりの髪には、パーマで使った成分がまだ髪に残っています。

髪に残る成分は、パーマの種類やそのときに使う薬剤によって差があります。

少なくても3日、できれば1週間程度あけてから、マイナチュレカラートリートメントを使うようにしましょう。

美容師さんに相談する

これからお話することは、マイナチュレカラートリートメントとパーマを併用するとき、必ず行って欲しいことです。

必ず行って欲しいこととは、美容師さんに相談することです。

パーマの予約をするとき、今の状況とこれまでの状況を美容師さんにお話しておきましょう。

美容師さんへ伝えること
♥白髪染めとしてマイナチュレカラートリートメントを使っていること
♥使っている頻度
♥前回いつ使ったか

最低この3つくらいは伝えたいですね。

伝えることで、美容師さんがあなたの髪の状況を把握しやすくなります。

前もって髪の状態がわかれば、あなたの髪に一番いい方法を美容師さんが考えてくれますからね。

それから、パーマをかけた後、何日くらいあければマイナチュレカラートリートメントを使っていいか、も聞いておきましょう。

私がここで、3日とか1週間っていうより、パーマを施術した美容師さんからのアドバイスが、あなたの髪にとって一番いい選択になります。

マイナチュレカラートリートメントとパーマを併用するときは、使う前も後も、美容師さんに相談することをおすすめします。

マイナチュレカラートリートメントと美容院のヘアカラーとの併用について

ここまでで、マイナチュレカラートリートメントとパーマの併用についてはわかっていただけたと思います。

でももしかしたら、マイナチュレカラートリートメントとパーマとの併用だけじゃなくて、マイナチュレカラートリートメントと美容院のヘアカラーとの併用についても知りたいかもしれませんね(知りたくない方はスルーしてくださいね)。

そこでここでは、マイナチュレカラートリートメントと美容院のヘアカラーとの併用についてお話していきます。

マイナチュレカラートリートメントと美容院のヘアカラーとの併用は、基本できます。

でも思い出してください。

マイナチュレカラートリートメントは、髪の表面に色をつけるタイプの白髪染めです。

美容院で施術してもらうへアカラーが、どんな種類のカラーなのか、どんな薬剤を使うかによりますが、髪の表面に染料が残っていると、希望の色に染まりにくい場合があります。

特に、マイナチュレカラートリートメントで染めた色より明るい色にしたいときは注意してください。

なので、美容院でヘアカラーをしてもらうときは、パーマをかけるときと同じように、まずは美容師さんへ相談することをおすすめします。

マイナチュレカラートリートメントと育毛剤との併用について

最後にマイナチュレカラートリートメントと育毛剤の併用についてお話して終わりにします。

結論からいうと、マイナチュレカラートリートメントと育毛剤の併用は可能です。

マイナチュレカラートリートメントで染めた直後に、育毛剤を使っても問題ありません。

でも、注意点があります。

それは、マイナチュレカラートリートメントの染料は、水分に触れると色がにじみやすくなることです。

つまり、育毛剤を頭皮につけると、育毛剤の水分で色移りしてしまうかもしれないのです。

対策として、染めた後の髪をしっかり乾かすことをおすすめします。

髪をしっかり乾かせば、育毛剤の水分による色移りを最小限に抑えることができるからです。

マイナチュレカラートリートメントと育毛剤は併用できますが、育毛剤を使う前に、髪をしっかり乾かしましょう。

調査結果

マイナチュレカラートリートメントとパーマは併用できるか調べてみました。

結論として、マイナチュレカラートリートメントとパーマは同時には使えませんが、パーマの前後に間をおけば併用することは可能です。

どのくらい間をおけばいいかは、マイナチュレカラートリートメントを使っている頻度やパーマの種類などによって差が出ます。

パーマをかける前に美容師さんに相談して、パーマをかける日にちを決めましょう。

それから、パーマをかけた後、どのくらいあければマイナチュレカラートリートメントを使ってもいいのかも美容師さんに聞いておくといいですね。

マイナチュレカラートリートメントとパーマを併用して、存分におしゃれを楽しんじゃってください。😊