ストレートスパイクの打ち方

ストレートにスパイクを打つ時は、アンテナとストレート側のブロックの隙間がボール1、5個分くらい空いていれば十分です。

ただ、あまりにも正直に「ストレートに打ちますよ」って言うのはやりません。

あくまでもストレートに打つのかクロスに打つのかわからない状態からストレートに打つ方が決定率が上がります。

ストレートに打つとわかっていれば、相手のブロッカーもストレートを抜かれないようにをガッチリおさえてきますし止めにかかってきます。

レシーバーも構えています。

そこを破るには、高さとパワーが必要です。

そうなるとテクニックではない話になっています。

そこで体はクロスを向いてストレートを打つ訳ですが、その時の大切なことは、ボールを自分の方まで惹きつけることです。

つまり、体はセッター方向に斜めに向いている状態のままボールが自分の肩の位置まで来るのを空中で待つと言うことです。

もちろんかぶらないように肩よりも前で捉えるのですが、肩よりも外にあるボールを無理やりストレートに打つのは危険です。

無理やりストレートに打つと、ブロックにかかりやすくなります。

空中で引きつけて引きつけてトスがブロックの前を通過した時点でストレートに打ちます。

この時のスイングは、肩を中心に体の前で円を描くようなスイングになります。

そして、手のひらを縦に半分にして親指側だけで打ちます。

極端にいうと、ボールの右側を親指の根元の部分だけで打つ感じです。

そうするとボールは横回転をしてストレートのレシーバーからどんどん外に逃げていく感じになりはじきやすくなります。

この打ち方をすると、相手のブロッカーが頭をひねり悩み楽しいです。

以前の話ですが、190cm以上あるストレートブロッカーのストレート側を抜いて、レシーバーがはじいた時、ブロッカーが、俺はストレートはしっかりシメていると自信があったのでしょう、「触ってないよ!」とレシーバーに怒鳴りましたが、レシーバーは、「入っています。」と伝えていました。

ブロッカーはどこを抜かれているのかさっぱりわからないようです。

実に楽しいです。

ちなみに、クロスに打つ時はこの逆をやるのですが、クロスを抜いた時もセンターブロッカーの人は首をかしげます。

どこを抜けているのか、なんで抜けてしまうのかわからないのです。

相手のブロッカーは絶対止められると自信満々に被せてきますが、ワンタッチすらできないのです。

これにパワーが加われば鬼に金棒ですね。

クロススパイクの打ち方

レフトからクロススパイクを打つ時の大切なポイントは、ボールを捉える位置です。

一般的にスパイクの基本は、自分の肩の位置より少し前でボールを捉えると思います。

しかし、相手のブロックをかわしてクロスに打つ場合は、基本通りにやるとブロックが抜けません。

つまり、ブロックにかかってしまうということです。

では、どのようにすればいいのかというと、体の向きをストレート側に向けます。

もし可能であれば、クロスに打つような助走をして、空中で体をひねってストレート側に向けるとなおいいです。

なぜかと言うと、相手を騙せるからです。

そして、自分の肩より外側でボールをとらえます。

肩より外側ってわかるでしょうか?

手を真上に上げた状態より少し開いた状態と言うことです。

で、ボールに体重をかけるには、その位置より少し前になります。

クロスに打つのが得意な人は無意識のうちにやっているかもしれませんが、ちょっと意識して練習して見てください。

で、ここまでは多くに人がやっている応用テクニックかもしれません。

私がこれ以上にやっているのは、手のひらの使い方です。

基本でしたら、手のひら全体でボールを打つと教わるでしょう。

しかし私は、手のひら全体は使いません。

クロスに打つ時は、手のひらを縦に2ぶんの1に分けて、小指側を使います。

さらにいうと、小指の下の腹の部分しか使いません。

空手チョップをするところといえば伝わるでしょうか。

その部分をボールの左側に当てて、ボールに横回転をかけます。

そうすると、ブロックを抜けたボールはクロスに入っているレシーバーからさらにインナーに逃げていくことになります。

スイングも縦ではありません。

実際は上から下に斜めに振っていますが、イメージは肩より高いところで横スイングしている感じです。

あと、先ほどクロスに打つような助走をして入ると、相手を騙せる、って言いましたが、相手を騙すって結構大事ですし、やってて楽しいです。

ちょっとイメージしてもらうとわかると思いますが、自分がブロッカーだったりレシーバーだったとして、自分のところにスパイクしたボールが来るって思って構えていれば、ブロックできたりレシーブできると思います。

レシーブでいうと、練習や試合の前にアップの一貫としてやっている、一人が打って一人が拾う練習ってありますね。

この時って、レシーバーが自分しかいないので全てのボールを拾おうとしています。

だから拾えますね。

でも試合になると、レシーバーとレシーバーの間にきたボールは、拾いにくくなります。

あと、相手のアタッカーがストレートに打つように見えたら、クロスにいるレシーバーは「こっちにはこない」って思って気が抜けます。

気が抜けたレシーバーのところに急にボールが来ると拾えないものです。

だからその真理を利用して、「そっちには打ちませんよ。」って思わせて「やっぱりそっちー!」って、構えていない人のところに打てばスパイクが決まるってことです。

ただこの考えは、レベルが上がってくれば通用しなくなることは想像できますが、まぁ全国大会に行っても、そこそこ通用します。

Vリーグレベルになると通用しにくくなると思いますが、パパさんバレー程度でしたら全国大会でもほぼ通用するでしょう。

レベルが低ければ低いほど、クロススパイクは決まりやすいです。

なぜなら、ブロックの位置がストレート寄りになる人が多いからです。

どう言うことかと言うと、レベルが低い選手は、ブロックを飛ぶ位置が相手のアタッカーの体の正面何です。

でもアタッカーが右利きの場合、ボールを捉える位置は右肩の上です。

その時点でブロックの位置がずれているんです。

さらに肩の外でボールを捉えれば、クロスに抜くのは簡単で決定率が上がってきます。

助走の取り方とジャンプのコツ

スパイクの助走は、ネットに対して斜めに直線的に入る人が多いと思います。

でも、曲線に入った方がクロスにもストレートにも打てるようになります

特に平行トスを打つ時は有効です。レフトから打つ場合、体をネットに対して垂直に近い角度でトスを待ち、トスに合わせて助走に入り、少しずつセッター側に体を向けていきます。

最初の1歩は、ゆっくり目でタイミングを合わせ、2歩目3歩目はスピードアップします。

特に3歩目は少し大股になるくらいで構いません。

手は大きく振ります。手を大きく振ることで、遠心力を使ってジャンプするのです。

私は、「よくその足でジャンプできるね」と言われるくらい下半身が細いです。

でもジャンプをすれば、両手でバスケットのリングをつかむことができます。

ちなみに、身長は177cmです。

これは、1歩の助走と大きく手を振ることと上半身の筋肉で可能となります。

肘を曲げて素早く手を振ることが良いと言う人もいますが、私はそれには反対です。

肘を伸ばして大きく振った方が遠心力の効果があると思います。

肘を伸ばして手を振る筋肉がないのなら、筋トレをすればいいだけの話です。

どうせ弱っちいスパイクを打つより強いスパイクを打ちたいんだったら、筋トレは必須です。

ジャンプ力をアップするには、背筋が欠かせません

背筋を鍛えるには、体を床と平行にしてダンベルを引き上げたり、テーブルの下に潜り込んで天板を握り自分の体を持ち上げるのもいいかもしれません。

他には、懸垂もいいでしょう。

詳しいやり方はこちらの背筋筋トレ自宅編を参考にしてください。肩の筋トレも検索してみてください。

ジャンプには、下半身も大切ですが、助走と上半身の使い方も大切です。

そして、スパイクをクロスやストレートに打ち分けるには、助走が大切なのです。