捨てるボールと拾うボール

「得点に強打は必要ない」の中でも言っていますが、強いチームになればなるほど、捨てるボールと拾うボールがはっきりしています。

拾えないボールは簡単に諦めると言うことではなく、一所懸命拾いに行きますが、もし拾えなくてもしょうがないね、と捨ててもいいってことです。

その代わり、拾うべきボールは確実に得点に結びつけるよう心がけます。

この考え方をチーム内で共通意識として持っていれば、スパイクを決められても気持ちの切り変えが簡単にできます。

これは重要だと思います。

では、どんなボールを捨ててどんなボールを拾えばいいのでしょう。

チームとしてこれを決めるには、ブロックが関わってきます。

そう、ブロックがしっかりしていれば、レシーブが楽になるのです。

ブロックはスパイクを止めたりワンタッチをとってチャンスボールにするだけが仕事ではありません。

ブロックが割れずにきっちり揃えば、アタッカーはコースを抜こうとしてきます。

つまりブロックの仕事は、スパイクのコースを決めさせることでもあるのです。

例えば、ストレートをガッチリ絞れば、アタッカーはクロスにスパイクを打つことが多くなるでしょう。

そしたら、クロスにレシーバーが入ればいいのです。

このクロスは得点に繋げたいボールです。

こっちの罠にかかったようなものですから。ただ、ブロックの後ろは捨てます。

このとき、センターレシーバーは、ワンタッチに備えて少し後ろ目に構えたり、ブロックがストレート側に流れていると思えば、クロスのレシーブポジションに入ります。

この辺の話は各チームの約束事になるので、チームで話し合うといいでしょう。

弱いチームほど、相手がどんなトスを上げてきてもレシーバーの位置は変えません。

しかし、強いチームほど、常にレシーバーが察知して動いてきます。

この差は大きいです。

どんな体制でも2段トスを呼べ

私はレフトアタッカーなので、2段トスを打つ機会が結構あります。

斜め後ろからのボールが多くなりますが、常に「レフト!」などの声を出して、上げる場所を指示することは重要です。

そんなことは百も承知していると思いますが、私が心がけているのは、2段トスをあげる人が「トスを上げられない状態でも呼ぶ」ということです。

例えば、相手のスパイクを弾いてしまって、他のレシーバーがカバーに入った時、たとえスライディングをしていても呼びます。

だって、スライディングをしていても上げれる人は上げます。

上げれない人でも上げようとします。

それがセッターだったら尚更です。

片手でも上げてきます。

相手も一応ネットについて、もし本当に上がってきたらと思い、ブロックに備えます。

たとえ打って返せなくてもそれだけでも相手は体制を作るのに慌しくなります。

私はこれだけでも価値があると思っています。

注意点は、自分が本気で打つつもりで準備していることです。

口先ばかりで呼ぶだけ呼んでも、打つ気がなかったら本当に上がった時に相手が嫌がるスパイクは打てません。

2段トスを呼ぶ前にしっかり開いて助走の準備をしなければチームメイトにも失礼ですし、相手に精神的に上から見られてしまいます。

試合中は、精神的に上にいた方が勝てます。

なめてかかるわけではありませんが、自信をもってプレーすることは重要だと思います。

2本目を触る人がどんな体制でもトスをあげるよう指示を出す、やって見てください。

得点に強打は必要ない

コートにふんわり落ちたボールも1点、バコーンって100kmくらいのスピードとパワーで叩きつけて奪った得点も1点。

聞いたことがある話だと思います。

もちろん、強いスパイクを決める方がかっこいいし、印象にも残ります。

それを目指すのならそれもありだと思います。

でも、試合に関して言えばやっぱり1点は1点です。

強打は、最初に1本決めておけば、あとは緩いボールでも得点できます。

特にレシーバーがいないところに打てば、簡単に点が取れます。

では、レシーバーがいない場所とはどこでしょう。

強いチームになればなるほど、捨てるボールと必ず拾うボールがはっきりしてきます。

正直、弱いチームの方がレシーバーが適度に分散していて、自分のイメージではいるはずがないところにいたりします。

でも、やっぱり拾えないのですが・・・。

と、弱いチームの話はこの辺までにして、ある程度のレベルの話をします。

こんな話を聞いたことはありますか?

ブロックがいいチームは、レシーブのうまいって。

これは本当だと思います。

ブロックがしっかり壁を作ればブロックの後ろはボールはいきませんからね。

つまり、ブロックでしっかり壁を作ることで、アタックのコースがしぼりやすくなるってことです。

ブロックを抜けてきたボールだけを拾えばいいってことなんです。

ですから、もともとスパイクコースにレシーバーがいるわけですから、スパイクも拾えちゃうんです。

ってことは、逆に言うと、ブロックの後ろにはレシーバーがいないってことですね。

ワンタッチのボール拾うためにエンドラインあたりにいますが、ブロックのすぐ後ろはいません。

また、ワンタッチを拾うためでなくセンターレシーブの人がストレートやクロスのコースに入って場合もあります。

そうなるとチャンスは広がります。

つまり、真ん中が大きく空いているってことです。

相手チームによりますが、ストレートの奥があいたり、対角のコーナーが空いたりもします。

そこを早く見つけ、空いているところにぺちょ〜んってスパイクを打つと、面白いように決まります。

ただ、相手もバカではありません。

レシーバーは移動します。

そんな時も慌てずに、トスが上がってから確認したり、空中で確認すれば問題はないです。

コートにはかならず穴が空いています。

なので、常にそこを探して狙えば、強いスパイクをずっと打ち続けなくても済むのです。

3タッチ目のボールが綺麗にトスにならなくてもネットより上がったボールは打って返した方がいいです。

けして強く打つ必要はありません。打つポーズが大切です。

相手が緊張して勝手に失敗してくれるかもしれないからです。

さらに、試合中に見つけた穴に打つことができたら、おそらく直接得点になるか、相手がくずれて、チャンスボールをもらえるかもしれません。

そのためにも、相手も穴は常に確認しておくといいでしょう。

有効的な無回転スパイクのすすめ

スパイクを打つ時、ボールにドライブをかけるのは基本中の基本です。

ただ、中途半端に回転がかかったボールは、すごく取りやすいです。

私はVリーグの人と練習をしたことがありますが、Vリーグの人のスパイクは、手元で落ちます。

そのくらいボールにドライブ回転がかかっているのです。

一般の人の中では、あまり経験をしたことがないドライブです。

つまり、私たちがいくらドライブをかけてもそれほど効果はないと思います。

ただ取りやすくなるだけです。

あっ、中にはボールが重たくなる人がいますね。

それはそれでいいと思います。

で、ほとんどの人はドライブをかけてもそれほど効果がないとすると、ドライブをかけなくてもいいのかな、と考えます。

取りにくいボールってどんなボールかな、って考えます。

そこで実際に試して見て効果的だったスパイクの打ち方をここで書きます。

それは、無回転スパイクです。

ご存知の通り、無回転のボールはフローターサーブのように意思とは関係なく変化します。

私のスパイクの場合は、相手のレシーバーの手元で伸びることが多いです。

レシーバーはすごく取りにくそうで、なお手に力が入っている感じを受けます。

そうなると、もっと取りにくくなりますね。

つまりさらに得点力がアップするってことです。

これはそんなに練習しなくても誰でもできると思います。

今度の練習日に近い距離で強めのフローターサーブを受けて見てください。

セッターに返すのがどれだけわかると思います。

レシーブが難しいってわかったら、今度は打つ練習をしましょう。

ボールが伸びてエンドラインを超えてアウトにならないように気をつけましょう。

レシーブしてみると無回転スパイクは軽いですが、扱いが難しいのでポイントになる可能性は高いです。

ブロックアウトの打ち方

私は基本、最初からブロックアウトを狙ってスパイクの助走に入ったことはありません。

ブロックアウトを狙う時は、スパイクを打ちきれない時だけです。

例えばトスがネットに近くて、普通に打ったらブロックされてしまうそうなときや、相手のブロックが素晴らしくて抜くコースがない時などです。

で、ブロックアウトを狙う時の大前提ですが、最低条件としてブロッカーの指や腕が見えていなければなりません。

「どうやったらみえるようになるの?」と言われても、気が付いた時には見えていたのでなかなか良いアドバイスができないのが現状です。

トスを見ながらブロックも視界に入れる、もっと言えばレシーバーの位置も確認する、このくらいのことを空中で判断できるといいですね。

で、ブロッカーの指が見える前提で話しますが、ブロックアウトを狙う時、ブロッカーの手のひらにスパイクを当ててしまうと、ブロックアウトはうまくいきません。

相手はスパイクを止めようとブロックしているわけですから、指先まで力を入れて弾かれないようにしています。

もっと言えば、スパイクを押さえ込もうとしていると思います。

そんな気持ちで出している手のひらにボールをあててしまったら、相手の思うツボです。

つまり、相手のブロックポイントとなるわけです。

ですから、ブロックアウトを狙う時スパイクをあてるのは、指先か腕です。

私の場合は特に腕のほうが多いです。

指先を狙うのはブロックを弾き飛ばしてレシーバーに拾われないくらい遠くまで弾く必要があります。

それにはパワーが必要です。

私は海外のチームとも試合をしたことがありますが、外国人のパワーは、想像以上です。

日本人は、もっとパワーをつけないといけないと感じました。

そんな相手のブロックを弾き飛ばし、レシーバーに取られないくらい遠くまでボールを弾くのは大変です。

たとえ相手が日本人であっても、同じような気持ちを持ってスパイクを打たないと、簡単には決まらないでしょう。

そこで、ブロッカーの指先を狙って打つ時は、体育館の2階席めがけて打つようにした方がいいです。

ただ、コントロールが乱れて指に当たらなかったり、わずかなワンタッチでは審判に認めてもらえないことも多々あります。

そういうわけで私は、指先を狙ったブロックアウトはあまりやっていません。

そこで、どうしても打ちきれないような時は、ブロッカーの腕を狙ってブロックアウトを狙います。

腕に当てて出すのは意外と簡単です。レフトからスパイクを打つ話になりますが、ストレート側のブロッカーの右腕のアンテナ側に当てればいいだけですから。

ただボールの芯で当てるのではなく、アタッカーから見てボールの右側をあてます。

つまり、ブロッカーの右腕の外側とボールの右側を当てるということです。

できれば、ブロックアウトを狙ったボールは、ネットよりこちら側のアウトゾーンにかえってくるようにしたいです。

ブロックを弾いたボールが相手側に抜けると拾われる可能性があるからです。

そして、なんども同じことをしていると、相手もバカではないので、外に弾かれないように外から内に腕を動かして来るかもしれません。

でも問題ありません。とりあえずはブロックポイントを取られるまで打っていいんです。

取られたら、ブロッカーを見て、ニコってしておけば、精神的にはまだこっちの方が上です。

ボールを散らして打っておいて、ブロックが内側に絞られていない時にやればいいんです。

ただ、ブロックアウトは見た目に派手さがないので、相手の記憶にも残りにくいのがたまに傷です。