捨てるボールと拾うボール

「得点に強打は必要ない」の中でも言っていますが、強いチームになればなるほど、捨てるボールと拾うボールがはっきりしています。

拾えないボールは簡単に諦めると言うことではなく、一所懸命拾いに行きますが、もし拾えなくてもしょうがないね、と捨ててもいいってことです。

その代わり、拾うべきボールは確実に得点に結びつけるよう心がけます。

この考え方をチーム内で共通意識として持っていれば、スパイクを決められても気持ちの切り変えが簡単にできます。

これは重要だと思います。

では、どんなボールを捨ててどんなボールを拾えばいいのでしょう。

チームとしてこれを決めるには、ブロックが関わってきます。

そう、ブロックがしっかりしていれば、レシーブが楽になるのです。

ブロックはスパイクを止めたりワンタッチをとってチャンスボールにするだけが仕事ではありません。

ブロックが割れずにきっちり揃えば、アタッカーはコースを抜こうとしてきます。

つまりブロックの仕事は、スパイクのコースを決めさせることでもあるのです。

例えば、ストレートをガッチリ絞れば、アタッカーはクロスにスパイクを打つことが多くなるでしょう。

そしたら、クロスにレシーバーが入ればいいのです。

このクロスは得点に繋げたいボールです。

こっちの罠にかかったようなものですから。ただ、ブロックの後ろは捨てます。

このとき、センターレシーバーは、ワンタッチに備えて少し後ろ目に構えたり、ブロックがストレート側に流れていると思えば、クロスのレシーブポジションに入ります。

この辺の話は各チームの約束事になるので、チームで話し合うといいでしょう。

弱いチームほど、相手がどんなトスを上げてきてもレシーバーの位置は変えません。

しかし、強いチームほど、常にレシーバーが察知して動いてきます。

この差は大きいです。