どんな体制でも2段トスを呼べ

私はレフトアタッカーなので、2段トスを打つ機会が結構あります。

斜め後ろからのボールが多くなりますが、常に「レフト!」などの声を出して、上げる場所を指示することは重要です。

そんなことは百も承知していると思いますが、私が心がけているのは、2段トスをあげる人が「トスを上げられない状態でも呼ぶ」ということです。

例えば、相手のスパイクを弾いてしまって、他のレシーバーがカバーに入った時、たとえスライディングをしていても呼びます。

だって、スライディングをしていても上げれる人は上げます。

上げれない人でも上げようとします。

それがセッターだったら尚更です。

片手でも上げてきます。

相手も一応ネットについて、もし本当に上がってきたらと思い、ブロックに備えます。

たとえ打って返せなくてもそれだけでも相手は体制を作るのに慌しくなります。

私はこれだけでも価値があると思っています。

注意点は、自分が本気で打つつもりで準備していることです。

口先ばかりで呼ぶだけ呼んでも、打つ気がなかったら本当に上がった時に相手が嫌がるスパイクは打てません。

2段トスを呼ぶ前にしっかり開いて助走の準備をしなければチームメイトにも失礼ですし、相手に精神的に上から見られてしまいます。

試合中は、精神的に上にいた方が勝てます。

なめてかかるわけではありませんが、自信をもってプレーすることは重要だと思います。

2本目を触る人がどんな体制でもトスをあげるよう指示を出す、やって見てください。