有効的な無回転スパイクのすすめ

スパイクを打つ時、ボールにドライブをかけるのは基本中の基本です。

ただ、中途半端に回転がかかったボールは、すごく取りやすいです。

私はVリーグの人と練習をしたことがありますが、Vリーグの人のスパイクは、手元で落ちます。

そのくらいボールにドライブ回転がかかっているのです。

一般の人の中では、あまり経験をしたことがないドライブです。

つまり、私たちがいくらドライブをかけてもそれほど効果はないと思います。

ただ取りやすくなるだけです。

あっ、中にはボールが重たくなる人がいますね。

それはそれでいいと思います。

で、ほとんどの人はドライブをかけてもそれほど効果がないとすると、ドライブをかけなくてもいいのかな、と考えます。

取りにくいボールってどんなボールかな、って考えます。

そこで実際に試して見て効果的だったスパイクの打ち方をここで書きます。

それは、無回転スパイクです。

ご存知の通り、無回転のボールはフローターサーブのように意思とは関係なく変化します。

私のスパイクの場合は、相手のレシーバーの手元で伸びることが多いです。

レシーバーはすごく取りにくそうで、なお手に力が入っている感じを受けます。

そうなると、もっと取りにくくなりますね。

つまりさらに得点力がアップするってことです。

これはそんなに練習しなくても誰でもできると思います。

今度の練習日に近い距離で強めのフローターサーブを受けて見てください。

セッターに返すのがどれだけわかると思います。

レシーブが難しいってわかったら、今度は打つ練習をしましょう。

ボールが伸びてエンドラインを超えてアウトにならないように気をつけましょう。

レシーブしてみると無回転スパイクは軽いですが、扱いが難しいのでポイントになる可能性は高いです。