ブロックアウトの打ち方

私は基本、最初からブロックアウトを狙ってスパイクの助走に入ったことはありません。

ブロックアウトを狙う時は、スパイクを打ちきれない時だけです。

例えばトスがネットに近くて、普通に打ったらブロックされてしまうそうなときや、相手のブロックが素晴らしくて抜くコースがない時などです。

で、ブロックアウトを狙う時の大前提ですが、最低条件としてブロッカーの指や腕が見えていなければなりません。

「どうやったらみえるようになるの?」と言われても、気が付いた時には見えていたのでなかなか良いアドバイスができないのが現状です。

トスを見ながらブロックも視界に入れる、もっと言えばレシーバーの位置も確認する、このくらいのことを空中で判断できるといいですね。

で、ブロッカーの指が見える前提で話しますが、ブロックアウトを狙う時、ブロッカーの手のひらにスパイクを当ててしまうと、ブロックアウトはうまくいきません。

相手はスパイクを止めようとブロックしているわけですから、指先まで力を入れて弾かれないようにしています。

もっと言えば、スパイクを押さえ込もうとしていると思います。

そんな気持ちで出している手のひらにボールをあててしまったら、相手の思うツボです。

つまり、相手のブロックポイントとなるわけです。

ですから、ブロックアウトを狙う時スパイクをあてるのは、指先か腕です。

私の場合は特に腕のほうが多いです。

指先を狙うのはブロックを弾き飛ばしてレシーバーに拾われないくらい遠くまで弾く必要があります。

それにはパワーが必要です。

私は海外のチームとも試合をしたことがありますが、外国人のパワーは、想像以上です。

日本人は、もっとパワーをつけないといけないと感じました。

そんな相手のブロックを弾き飛ばし、レシーバーに取られないくらい遠くまでボールを弾くのは大変です。

たとえ相手が日本人であっても、同じような気持ちを持ってスパイクを打たないと、簡単には決まらないでしょう。

そこで、ブロッカーの指先を狙って打つ時は、体育館の2階席めがけて打つようにした方がいいです。

ただ、コントロールが乱れて指に当たらなかったり、わずかなワンタッチでは審判に認めてもらえないことも多々あります。

そういうわけで私は、指先を狙ったブロックアウトはあまりやっていません。

そこで、どうしても打ちきれないような時は、ブロッカーの腕を狙ってブロックアウトを狙います。

腕に当てて出すのは意外と簡単です。レフトからスパイクを打つ話になりますが、ストレート側のブロッカーの右腕のアンテナ側に当てればいいだけですから。

ただボールの芯で当てるのではなく、アタッカーから見てボールの右側をあてます。

つまり、ブロッカーの右腕の外側とボールの右側を当てるということです。

できれば、ブロックアウトを狙ったボールは、ネットよりこちら側のアウトゾーンにかえってくるようにしたいです。

ブロックを弾いたボールが相手側に抜けると拾われる可能性があるからです。

そして、なんども同じことをしていると、相手もバカではないので、外に弾かれないように外から内に腕を動かして来るかもしれません。

でも問題ありません。とりあえずはブロックポイントを取られるまで打っていいんです。

取られたら、ブロッカーを見て、ニコってしておけば、精神的にはまだこっちの方が上です。

ボールを散らして打っておいて、ブロックが内側に絞られていない時にやればいいんです。

ただ、ブロックアウトは見た目に派手さがないので、相手の記憶にも残りにくいのがたまに傷です。