ストレートスパイクの打ち方

ストレートにスパイクを打つ時は、アンテナとストレート側のブロックの隙間がボール1、5個分くらい空いていれば十分です。

ただ、あまりにも正直に「ストレートに打ちますよ」って言うのはやりません。

あくまでもストレートに打つのかクロスに打つのかわからない状態からストレートに打つ方が決定率が上がります。

ストレートに打つとわかっていれば、相手のブロッカーもストレートを抜かれないようにをガッチリおさえてきますし止めにかかってきます。

レシーバーも構えています。

そこを破るには、高さとパワーが必要です。

そうなるとテクニックではない話になっています。

そこで体はクロスを向いてストレートを打つ訳ですが、その時の大切なことは、ボールを自分の方まで惹きつけることです。

つまり、体はセッター方向に斜めに向いている状態のままボールが自分の肩の位置まで来るのを空中で待つと言うことです。

もちろんかぶらないように肩よりも前で捉えるのですが、肩よりも外にあるボールを無理やりストレートに打つのは危険です。

無理やりストレートに打つと、ブロックにかかりやすくなります。

空中で引きつけて引きつけてトスがブロックの前を通過した時点でストレートに打ちます。

この時のスイングは、肩を中心に体の前で円を描くようなスイングになります。

そして、手のひらを縦に半分にして親指側だけで打ちます。

極端にいうと、ボールの右側を親指の根元の部分だけで打つ感じです。

そうするとボールは横回転をしてストレートのレシーバーからどんどん外に逃げていく感じになりはじきやすくなります。

この打ち方をすると、相手のブロッカーが頭をひねり悩み楽しいです。

以前の話ですが、190cm以上あるストレートブロッカーのストレート側を抜いて、レシーバーがはじいた時、ブロッカーが、俺はストレートはしっかりシメていると自信があったのでしょう、「触ってないよ!」とレシーバーに怒鳴りましたが、レシーバーは、「入っています。」と伝えていました。

ブロッカーはどこを抜かれているのかさっぱりわからないようです。

実に楽しいです。

ちなみに、クロスに打つ時はこの逆をやるのですが、クロスを抜いた時もセンターブロッカーの人は首をかしげます。

どこを抜けているのか、なんで抜けてしまうのかわからないのです。

相手のブロッカーは絶対止められると自信満々に被せてきますが、ワンタッチすらできないのです。

これにパワーが加われば鬼に金棒ですね。