クロススパイクの打ち方

レフトからクロススパイクを打つ時の大切なポイントは、ボールを捉える位置です。

一般的にスパイクの基本は、自分の肩の位置より少し前でボールを捉えると思います。

しかし、相手のブロックをかわしてクロスに打つ場合は、基本通りにやるとブロックが抜けません。

つまり、ブロックにかかってしまうということです。

では、どのようにすればいいのかというと、体の向きをストレート側に向けます。

もし可能であれば、クロスに打つような助走をして、空中で体をひねってストレート側に向けるとなおいいです。

なぜかと言うと、相手を騙せるからです。

そして、自分の肩より外側でボールをとらえます。

肩より外側ってわかるでしょうか?

手を真上に上げた状態より少し開いた状態と言うことです。

で、ボールに体重をかけるために、ボールを捉えるポイントは、その位置より少し前になります。

クロスに打つのが得意な人は無意識のうちにやっているかもしれませんが、ちょっと意識して練習してみてください。

で、ここまでは多くの人がやっている応用テクニックかもしれません。

私がこれ以上にやっているのは、手のひらの使い方です。

一般的に教わる基本でしたら、手のひら全体でボールを打つと教わるでしょう。

しかし私は、手のひら全体は使いません。

クロスに打つ時は、手のひらを縦に2ぶんの1に分けて、小指側を使います。

さらにいうと、小指の下の腹の部分しか使いません。

空手チョップをするところといえば伝わるでしょうか。

その部分をボールの左側に当てて、ボールに横回転をかけます。

そうすると、ブロックを抜けたボールはクロスに入っているレシーバーからさらにインナーに逃げていくことになります。

スイングも縦ではありません。

実際は上から下に斜めに振っていますが、イメージは肩より高いところで横スイングしている感じです。

あと、先ほどクロスに打つような助走をして入ると相手を騙せる、って言いましたが、相手を騙すって結構大事ですし、やってて楽しいです。

ちょっとイメージしてもらうとわかると思いますが、自分がブロッカーだったりレシーバーだったとして、自分のところにスパイクしたボールが来るって思って構えていれば、ブロックできたりレシーブできると思います。

レシーブでいうと、練習や試合の前にアップの一貫としてやっている、一人が打って一人が拾う練習ってありますね。

この時って、レシーバーが自分しかいないので全てのボールを拾おうとしています。

だから拾えますね。

でも試合になると、レシーバーとレシーバーの間にきたボールは、拾いにくくなります。

あと、相手のアタッカーがストレートに打つように見えたら、クロスにいるレシーバーは「こっちにはこない」って思って気が抜けます。

気が抜けたレシーバーのところに急にボールが来ると拾えないものです。

だからその心理を利用して、「そっちには打ちませんよ。」って思わせて「やっぱりそっちー!」って、構えていない人のところに打てばスパイクが決まるってことです。

ただこの考えは、レベルが上がってくれば通用しなくなることは想像できますが、まぁ全国大会に行っても、そこそこ通用します。

Vリーグレベルになると通用しにくくなると思いますが、パパさんバレー程度でしたら全国大会でもほぼ通用するでしょう。

レベルが低ければ低いほど、クロススパイクは決まりやすいです。

なぜなら、ブロックの位置がストレート寄りになる人が多いからです。

どう言うことかと言うと、レベルが低い選手は、ブロックを飛ぶ位置が相手のアタッカーの体の正面なんです。

でもアタッカーが右利きの場合、ボールを捉える位置は右肩の上ですね。

その時点でブロックの位置が体半分ずれているんです。

さらに肩の外でボールを捉えれば、クロスに抜くのは簡単です。

これで決定率も上がってきます。