ネットに近いボールと距離をおけ

ネット際のボールはつい慌ててしまいます。

なぜでしょう。

それは、時間がないからです。

ボールの処理を自分がする、と判断してからボールが落ちるまでの時間がないので、すぐに処理しようとしてしまいます。

本来落ち着けば、スパイクレシーブより時間はあるのに、なぜか慌ててボールを触りにいきます。

そしてネットにかけたりとんでもないところへ飛ばしてしまいます。

実際はスパイクレシーブより時間があるのに、なぜ時間がないと思ってしまうのでしょう。

その原因は、距離にあります。

自分が処理をすると決めてからボールに触るまでの距離が近いのです。

なので、時間がないことを解決するには、距離を長くすればいいのです。

どういうことかというと、床ギリギリのところでボールが落ちてくるのを待っていればいいのです。

そうすれば距離が長くなるので時間が作れます。

その間に落ち着くこともできます。

トスをあげることもできます。

それなのに、慌ててタッチネットをしそうなくらい高いところでボールを処理しようとしてしまいます。

そうではなくて、下でゆっくり待っていればボールは安全なスピードで落ちてきます。

ネット側のボールは慌てずに低い姿勢をとってゆっくり待って処理しましょう。

ちなみに、ネットの高いところに当たったボールは真下へ、ネットの下のほうに当たったボールはネットから少し離れたところへ落ちることはご承知の通りです。