サーブカットは横で取れ

サーブカットは体の正面で取れって教わってきたかもしれません。

でも私は、これまでの経験上、サーブカットは正面で取るより少し横の方がうまく合わせられます。

ただ、横といっても手の面が上を向いていては取れません。

手を横に出しても肩がセッターの方に入っていることが大切です。

膝のクッションんも使い、体全身でボールの勢いを吸収してやさしいボールをセッタに送ります。

なぜ、正面だと取りづらいのかというと、緊張するからです。

そもそもサーブカットは緊張します。

なぜなら、「くるぞ、くるぞ」って待っているからです。

ラリー中のボールなら、足を止めてガチガチになってボールを待つことはありません。

サーブレシーブは、相手がサーブを打つ前にポジションを確認したりチームメイトと確認します。

この時間が長いのです。

ですから余計な心配をしてカットミスをしてしまうのです。

サーブカットはゴルフのパットのように、精神的な部分が成功に大きく関わっているのです。

少しリラックスして「自分のところへ来い」って心で思って、実際にサーブがきたら「チャンスボール」と思ってできるだけ手にボールが当たっている時間を長くしてセッターに送り出せばいいのです。

肩の力を抜いて手首をちょっとしめて、セッターが一番取りやすい場所にピンポイントで運ぶのです。

サーブカットは守りじゃありません。サーブカットは攻めです。