ネットに近いボールと距離をおけ

ネット際のボールはつい慌ててしまいます。

なぜでしょう。

それは、時間がないからです。

ボールの処理を自分がする、と判断してからボールが落ちるまでの時間がないので、すぐに処理しようとしてしまいます。

本来落ち着けば、スパイクレシーブより時間はあるのに、なぜか慌ててボールを触りにいきます。

そしてネットにかけたりとんでもないところへ飛ばしてしまいます。

実際はスパイクレシーブより時間があるのに、なぜ時間がないと思ってしまうのでしょう。

その原因は、距離にあります。

自分が処理をすると決めてからボールに触るまでの距離が近いのです。

なので、時間がないことを解決するには、距離を長くすればいいのです。

どういうことかというと、床ギリギリのところでボールが落ちてくるのを待っていればいいのです。

そうすれば距離が長くなるので時間が作れます。

その間に落ち着くこともできます。

トスをあげることもできます。

それなのに、慌ててタッチネットをしそうなくらい高いところでボールを処理しようとしてしまいます。

そうではなくて、下でゆっくり待っていればボールは安全なスピードで落ちてきます。

ネット側のボールは慌てずに低い姿勢をとってゆっくり待って処理しましょう。

ちなみに、ネットの高いところに当たったボールは真下へ、ネットの下のほうに当たったボールはネットから少し離れたところへ落ちることはご承知の通りです。

サーブカットは横で取れ

サーブカットは体の正面で取れって教わってきたかもしれません。

でも私は、これまでの経験上、サーブカットは正面で取るより少し横の方がうまく合わせられます。

ただ、横といっても手の面が上を向いていては取れません。

手を横に出しても肩がセッターの方に入っていることが大切です。

膝のクッションんも使い、体全身でボールの勢いを吸収してやさしいボールをセッタに送ります。

なぜ、正面だと取りづらいのかというと、緊張するからです。

そもそもサーブカットは緊張します。

なぜなら、「くるぞ、くるぞ」って待っているからです。

ラリー中のボールなら、足を止めてガチガチになってボールを待つことはありません。

サーブレシーブは、相手がサーブを打つ前にポジションを確認したりチームメイトと確認します。

この時間が長いのです。

ですから余計な心配をしてカットミスをしてしまうのです。

サーブカットはゴルフのパットのように、精神的な部分が成功に大きく関わっているのです。

少しリラックスして「自分のところへ来い」って心で思って、実際にサーブがきたら「チャンスボール」と思ってできるだけ手にボールが当たっている時間を長くしてセッターに送り出せばいいのです。

肩の力を抜いて手首をちょっとしめて、セッターが一番取りやすい場所にピンポイントで運ぶのです。

サーブカットは守りじゃありません。サーブカットは攻めです。

捨てるボールと拾うボール

「得点に強打は必要ない」の中でも言っていますが、強いチームになればなるほど、捨てるボールと拾うボールがはっきりしています。

拾えないボールは簡単に諦めると言うことではなく、一所懸命拾いに行きますが、もし拾えなくてもしょうがないね、と捨ててもいいってことです。

その代わり、拾うべきボールは確実に得点に結びつけるよう心がけます。

この考え方をチーム内で共通意識として持っていれば、スパイクを決められても気持ちの切り変えが簡単にできます。

これは重要だと思います。

では、どんなボールを捨ててどんなボールを拾えばいいのでしょう。

チームとしてこれを決めるには、ブロックが関わってきます。

そう、ブロックがしっかりしていれば、レシーブが楽になるのです。

ブロックはスパイクを止めたりワンタッチをとってチャンスボールにするだけが仕事ではありません。

ブロックが割れずにきっちり揃えば、アタッカーはコースを抜こうとしてきます。

つまりブロックの仕事は、スパイクのコースを決めさせることでもあるのです。

例えば、ストレートをガッチリ絞れば、アタッカーはクロスにスパイクを打つことが多くなるでしょう。

そしたら、クロスにレシーバーが入ればいいのです。

このクロスは得点に繋げたいボールです。

こっちの罠にかかったようなものですから。ただ、ブロックの後ろは捨てます。

このとき、センターレシーバーは、ワンタッチに備えて少し後ろ目に構えたり、ブロックがストレート側に流れていると思えば、クロスのレシーブポジションに入ります。

この辺の話は各チームの約束事になるので、チームで話し合うといいでしょう。

弱いチームほど、相手がどんなトスを上げてきてもレシーバーの位置は変えません。

しかし、強いチームほど、常にレシーバーが察知して動いてきます。

この差は大きいです。