ジャンプサーブを打つならジャンピングフローター

近年はスパイクのようなジャンプサーブが流行っています。

これは肩が強く強いサーブを打てる人なら有効ですが、そうでない人ではチャンスサーブになっているかもしれません。

程よくドライブ回転がかかったイメージ通りの軌道をたどる取りやすいサーブということになります。

レベルが低いチームには有効かもしれませんが、ある程度のレベルをもった人たちにとっては願っても無い優しいサーブになってしまいます。

そこで私はジャンプサーブを打つならドライブをかけずに無回転のフローターサーブにした方がいいと思います。

女子がよくやるジャンピングフローターでもいいのですが、どうせならジャンプサーブのようにトスを上げジャンプをして高い打点で、無回転サーブを打つことをオススメします。

ネットギリギリに行かないとアウトになる可能性が高いので、練習は必要です。

しかも、サーブが伸びてエンドラインを超える可能性もあります。

トスをどのあたりにあげるのか、トスの高さはどうか、なんども練習しましょう。

トスがずれたらいいサーブは打てません。

ジャンプサーブはトスが命だと思っています。

そして、肩には力を入れずにコントロールを意識して8割くらいの力でサーブを打ちます。

入るかどうか、一か八かみたいなサーブは打ちません。

コースを狙ったり、1人を徹底的に狙って相手を崩していきます。

サーブは唯一自分のタイミングでできる攻撃です。

サーブで勝てる試合もあるくらいです。

直接サーブポイントにならなくても、相手が崩れて攻撃をしてこれないならほぼサーブポイントといっていいでしょう。

サーブで試合は優位に進みます。

時間がないと言ってサーブの練習をあまりやらないチームも多いようですが、サーブだからこそしっかり時間をとって練習するべきだと思います。